優良サイトの判断基準

冷静な目が必要

主観的に視るのではなく冷静に客観的な目線で見ないと騙されてしまいますので感情に流されないようにしましょう

見分け方を伝授します

だれもが気になる優良サイトの判断基準について書いていこうと思います。優良サイトはある!ある!と聞くことはあってもことごとく騙されてしまってもう信用できないよ!という人もいると思います。

しかし、残念ながら優良サイトにも悪徳業者が存在しているのです。

え?どういうこと?って思うかもしれませんが利用者の中にサクラが混ざっていてほかのサイトへ誘導させようとしてくると人があります。

思い当たる人もいるのではないでしょうか?優良サイトを利用していたのに騙されてしまったという人はこのパターンだと思います。利用者にも気をつけなくてはいけないのですから大変だと思いますが、その見分け方もほかで紹介したいと思いますがとにかくまずは優良サイトの条件ですよね。

優良サイトの条件というのは簡単です。普通の一般の企業と同じことが言えます。まず最初に会社の大きさを見るようにしましょう。小さい会社だとどうしても信頼できるかどうかの判断基準が大変です。特に出会い系サイトに関しては信頼をおくにはかなり重要なポイントとなるので会社の大きさを見ましょう。

一番のポイントは運営歴です。会社がどれくらいの期間出会い系サイトの運営会社として運用されているのかをみましょう。ほかの企業の10年とは違って悪評が一度でも立ってしまうとそれだけで利用者の数は激減してしまいます。

また長くやっているとそれだけ警察や消費者センターからマークされやすいです。ですから調査に入られやすいです。それでも長い期間運営されているということはそれだけ信頼が高いということの裏返しですよう。10年以上を目安に探してみるのはいかがでしょうか?

次に大事なのは利用者の数です。これが大々的に告知をしているところは信頼できると言っていいでしょう。目安は100万人以上の登録者があるサイトでこれ以上の数値はリピーターがいないと中々出せないと信頼の証といっていいと思います。

次に資金力を調べておきましょう。これは広告展開をしっかりとしているかどうかです。一般雑誌などの広告展開をたくさんしていたり街頭ポスターなどといったところでアピールしているところは安心で、さらにいってしまえば芸能人とのコラボレーションをしているところはかなり安心できると思います。

広告はお金を出せばいいというわけではなくて出せるところは信頼できる会社かどうか載せる側が判断します。もちろん広告費も馬鹿になりません。

わざわざ多額のお金を投じてまで悪いことをしたいとはだれも思いません。むしろ優良サイトとして広まったほうが安全です。

ですから資金力も重要な要素となるのです。

以上のことを見ておけば問題ないと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP